AfterEffectsでトラックマットの有りか/記憶の法則

After Effectsでマットのやり方で、イエローのベジェの出る通常のマスクとそれ以外に上部のレイヤーでアルファマットできるはずだと思っていたが、なかかなか見つからない。

「描画モード」では上部レイヤーをマットできずコレはじゃないと思いつつ、何とか見つけた。

レイヤーを選択して、「レイヤー」から図のようにトラックマット→アルファマットを選択することで、そのレイヤーの上部のアルファマットでそのレイヤーが抜かれる。

ae-truckmat

記憶にもとづいて、これじゃないこれじゃないって作業がデキる事自体ちょっと有りがたいと思った、これが過去の経験値として引っ張って来られるかどうかになってきます。

しかし、忘れるのが当然でOK。だいたいこんな感じって思い出せれば万々歳です。その都度忘れるぐらい新陳代謝が高いというか、アグレッシブにいくべきですね。全部覚えておこうと思うとスローになり、トータルで残念な結果になります。

年をとるとなかなか情報を引っ張って来られず思い出すのが遅いとよく云われますが、情報が多く蓄積が多くなりすぎて、その中からどれだっけとサーチしている時間がかかるという認識でいいと思います。忘れてはいないニュアンスというのだけ残して、探す時間も短縮できるような状態でゼロベース感覚で、常に新しい境地(まっさらなニュートラル)でいたいですね。

Photoshopのアクションはアプリを隠した方がよほど速い

Photoshopでアクションを使うことがあると思います。一度行動を記憶して録画して、その行程をそのまま別のフォルダにまとめたファイルに一括で行なってもらうマニュアライズされた行程です。

photoshop-action

  • Photoshopをそのまま表示していると一番遅い。
  • Photoshopが最前面アプリでないとより速い。
  • Photoshopを完全に隠すと最も速く処理できている。

何が言いたいかというと、Photoshopをより遠ざけると一番活性化するということです。もちろん、アプリをそのまま開いている場合はビデオRAMなどを使って描画しなくてはならないので、その分遅くなるのですが、最前面を別のアプリにするだけで表示はそのまま表示される行程でも処理は若干早くなります。

現実世界では、部下の行動を逐一観察しているよりも一つオブラートに包んだほうが処理能力が上がるというメタファーにもなるのではないでしょうか。

さらにこれま完全に隠すと一番処理が速いというのは完全に自己処理として、まさに任された自分の仕事として完全に手を離れると一番処理が最も速いというのも何かこう、現実を表してるような気がします。

正に、完全に任せること信頼するとでもいうような行為が最も生産性が上がるという隠喩ができることが、まさかフォトショップで感じられるとは思いませんでした。

Dreamweaverより簡単なAdobe Muse 印刷DTP感覚でコード不要

紙デザインで使われるDTPではおなじみのPhotoshopやIllustratorやInDesign。これらのユーザーパネルの感覚でそのままWebがつくれるというコード知識不要のWEBデザインアプリケーションがAdobe MUSE。

アドビMuse

Dreamweaverだけでもコードの知識がないなどと揶揄されるのに、さらにMUSEではもっとコーディング不要を謳っているツールになります。DWを使っている場合は改めて使いたいとはとても想い得ないですね。ウェブフォントとかのtypekitがそのまま見ながらデザイン性をクリエイティブに使えるということです。体験版では、Webフォントは限られてるようです。

どう考えても自由度が逆に制限されてしまうのは容易に想像がつきますね。誰かが作ったサイトをリニューアルする時に、ど偉く苦労することと同じです。Adobeのマスターコレクションには入っていないクリエイティブクラウドらしいアプリでもあります。Webフォントが使えるとかその辺も月額の感じと相性がいいですし。

スマホサイトとかレスポンシブも配慮している場合は尚の事コントロール不能になってくることでしょう。Museをオススメするより先ずはDreamweaverをオススメします。

BiND for WebLiFE* 6が今まであってそれに近い発想で、Adobeがぶつけて来た感じもします。現状で言えば開発レベルからやスマホ対応具合のレベルからまだBiNDの方がMuseよりもいいでしょう。

.MTSファイル60pはMacでどう捉えればいいか。

Final Cut Proでは、SONYのハンディカムで主流の60pは読み込めないらしい。

そもそも.MTSで60iや24pや60pの動画ファイルになるけど、QuickTimeでは再生できないし、iPhotoに読み込んでも

  • 60pは何故か静止画で読み込まれ
  • 24p、60iは.movに変換されて読み込まれる。

.MTSはそういえばPanasonicのコンデジでも動画はMTSなので、現状MacでこれらMTSファイルを使うのは現実的ではない。

Premiere ProはそのままMTSを読み込めるし、AEもMTSファイルは読めるのでFinal Cut ProやiPhotoなどの読み込み変換は考慮に入れないほうが良い。

シーケンスはPremiereならAVCHDのプリセットに60pのものがあり、AfterEffectsではハイビジョンの正方形ピクセルはFPS29.97ですが、HDTVのプリセットを使うことになるのか60FPSにカスタマイズするかってとこでしょう他は幅1440ばかり。

Premiere Proプリセット
60p

AfterEffectsプリセット
HDTV

とにかく、HDR-PJ760Vで撮影した映像だと60pと60iでは全然違います。60pはプログレッシブで60iのようなフィールドを間引きしているのがないのでPCでグラフィカルに扱う時も汚くは成らない印象で、PC動画としての規格では本当はない映像動画としての間引きの規格って感じですねやっぱり。24pは映画でホントに使われてるのかと思うくらいカクカク感が60pと比べて感じられる。

  • 60p(59.94FPS、プログレッシブ)
  • 24p(29.97FPS、プログレッシブ)
  • 60i(29.97FPS、インターレース(行の間引き))

DV時代に悩まされた動画ならではのアスペクト比の問題は、ファイル系動画では正方形ピクセルになったのでやりやすくなったが、インターレースはやっぱりパソコン作業という感じではない。HDにおいて1920幅と1440幅とかアスペクト比は無視して1920要はフルハイビジョンで。全てプログレッシブになればいいのに。

あまりまとまらないが、まとめ。

  • 撮影するなら60p
  • .movの変換は考えず.MTSで使えるアプリで考える
  • 当分Final Cut Proは却下
  • 当分1920×1080思考

4Kテレビが売られるようになってきたが…あくまで1920HDとBlu-rayの話で当分はいいのではと。

 

新iMacのディスプレイ進化とMacProの行方

specs_display_27inch_imac

新iMacはディスプレイが薄くなったことが目立つが、最もすごい進化は同じディスプレイの話だが映り込みや眩しさが軽減されているところにある。

ヨドバシカメラで27インチが新旧横並びに2つ並んでいたので、見比べたのだがその映り込み具合はかなり違う。このデザインでノングレアにすることは難しいiMacだが今までのiMacのように作業している自分が映り込む具合はかなり薄くなった。

メリットをあげると

  • 映り込みが少ない
  • 目に刺さるような輝度的疲労が少ないかも
  • 表面ガラスと実像の間の幅がほぼなくなった

反射を75%削減した、2mm隙間をなくす、これら新デザインが効いています。

とまぁ、実は以前に27インチのiMacを買ってディスプレイのグレア感とそれ以上に目が疲れる輝度というか長時間使うとノングレアのそれとは違う眼精疲労を感じたことがあったので、30インチノングレアに今でも落ち着いているのだが、MacProより速度的に最速のiMacをこの新ディスプレイ機能であればもう一度買ってもいいかなと思えるレベルのディスプレイになっていると感じた次第です。

実際に27インチと30インチではやはり30インチの方が見やすいですし、16:10ではないiMac27インチだと縦が少し削られるのも残念ですが、ディスプレイにも寿命はあるし、MacProがそろそろ消える自体になってきているのも相まってそう思ってます。

MacProはどうもポートやファンが3月1日からの新たな規定に引っかかるということで、MacProラインナップが消えるとの疑いもあるとのこと。本当にMacProは進化が完全に止まった化石状態なので、ミドルタワー的な新MacProが出るか、Mac miniだけになってしまいMacProは消えるのかどちらかになりそうです。

規制を受けるのはMacProだけらしく、そろそろモバイル系だけでなく業務用としてのテコ入れもしてもらいたいところなので、行方に期待です。