サブドメインでも独自SSL無料!エックスサーバーの設定

当サイトをSSL化にしました。エックスサーバーでは無料で全ドメイン何個でも無期限でSSL(https)にできます。

今回はサブドメインの独自SSLもイケますよってお話です。

え、サブドメインもできるの?→できました。

当ドメインは、matometa.netです。サブドメインでwordpress.を使ってます。wordpress.matometa.netになります。

設定方法

サーバーパネル>SSL設定>独自SSL追加の設定

エックスサーバー独自SSLサブドメイン

ここで、既に使っているサブドメインも出てくるのでそれを設定するだけです。サーバーパネル上ではこれだけで数時間後にはSSLでアクセスできるようになります。

.htaccessの設定

今までhttpだったアクセスをhttpsに、301リダイレクトする方法です。httpでもhttpsでも両方でアクセスできるのをSSL側に統一します。サブドメイントップフォルダの.htaccessに下記を記述するだけで全てのURLがリダイレクトしてくれます。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

トップレベルドメインの.htaccess

トップレベルドメイン(matometa.net)にある.htaccessも変更します。エックスサーバーはトップレベルドメイン内にディレクトリでサブドメインを付与するので、matometa.net/wordpress/でもアクセスできてしまいます。それをサブドメイン側だけに飛ぶようにするリダイレクトも入っているので、それをhttpからhttpsに変更しておきます。

Redirect 301 /wordpress https://wordpress.matometa.net

WordPress内の変更

WordPress>設定>一般

WordPress設定の一般

WordPressアドレス(URL)、サイトアドレス(URL)をhttpsに変更します。

httpからhttpsにリダイレクトしてくれるので忘れがちですが一般設定もしっかり変更します。/feedなどシステム的なURLもSSLになります。以後の内部リンクや画像がhttpsになってくれます。

内部リンク・画像を相対パスに

一般設定を変更しただけでは記事内のhttpがhttpsに自動的に変わることはありません。使うブラウザによってhttpsのサイトにhttpがあると「!」がアドレスバーに出ますし変更必須です。

MySQLをダウンロードしてエディタで開いて、相対パスに一気に置換して、MySQLを戻しました。強引なやり方なのでもっといい方法があるかも知れません。相対パスであれば、httpに、もし戻したとしても再度変更する必要はありません。

まとめ

独自ドメインだけではなく、サブドメインも無料でSSL設定できてしまうエックスサーバーってすごいな、お得だなって思います。

エックスサーバーを1つもレンタルしていないのであれば、間違いなくエックスサーバーは契約しておくべきですね。また、エックスサーバー使ってるけど独自SSL無料なんて他にないからメインサーバーにしよう!と思った方は、もう一つX10プランを増やすのもありですね。

ドメイン削除ができない、さくらレンタルサーバーの原因判明

さくら共用レンタルサーバーのドメイン設定で、なぜか削除ボタンがグレーアウトして押せない状態でした。複数さくらレンタルしていて他はしっかり押せるようになっている、おかしい。

さくらレンタルサーバードメイン設定

原因不明だったのでメールで問い合わせみました。

Webアプリケーションファイアウォールを有効にしているドメインは、削除していただけません。

お手数ではございますが、オフにしてから削除してくださいますよう、お願いいたします。

▼ Webアプリケーションファイアウォール(WAF)の設定
https://help.sakura.ad.jp/app/answers/detail/a_id/2265

ということで、

全く聞いたこと無いWAF。Webアプリケーションファイアウォールが、なぜか全て有効になっていて削除ができない状態でした。1つ1つ無効にすることで元の状況に戻りました。

Webアプリケーションファイアウォール

こちらとしてはWAFを利用するに設定をした覚えがない。そもそも、どんな機能なのかも知らない。

何かの拍子にやってしまったのか、勝手になったのか…、1つ1つ変更ボタンを押していく作業になり、かつ反応もめちゃくちゃ遅いので、こんな面倒なことをしかも全部やったとは考えにくい。何か一括で変更するような設定をしてしまったのかなと。

何はともあれ普通になってよかったです。

もし同じようにドメイン削除ができないと思っている方はチェックしてみてください。

ムームードメインで自動更新設定が未設定ドメインだけ抽出

ムームードメインでは、以前までは自動更新設定ページで未設定(自動にしていない)ドメインだけを「まとめて設定」をクリックすることで確認できました。

しかし、システム改良されて未設定だけを一覧する方法が無くなったのです。そうかと思っていましたが、確認方法がありました。

「自動更新設定」ページではなく、「各種お支払い」ページで未設定を一覧できることがわかりました。

ムームードメインのカスタマーサポートにも問い合わせのメールをしたのですが、システム改善で抽出機能はなくなりましたとの解答でした。半分諦めてましたが自分で何とか調べることの大切さも同時に再確認できました。

サポートメールの返信内容

自動更新設定について、「自動更新」が設定されていないものだけを
コントロールパネル上で抽出することができるか、とのことで
ご質問いただいております。

恐れ入りますが、自動更新の設定については、先日仕様変更が行われており、
設定されていないドメインだけを抽出することはできなくなっております。

こちらの質問の仕方が悪く相手に伝わっていなかったり、相手もそこまで知らない事を念頭において物事に取り組んだほうが良いですね。サポートの方も安易に答えてさばいてやれといった心が無いわけでも無いので何とも言えないところですが、やはり最終的には、

自分の頭で考えられるようなる!
これが一番大切でしょ!

domain-jidokoshin-1

 

期限切れ、解約済み、更新、と状態があります。

  1. 期限切れ(期日の数日前になると期限切れになりますよね)
  2. 解約済み(不要なドメインは解約済みにして期限まで使う、解約済み設定は自動更新設定を解除しないとできない)
  3. 更新(自動更新されている訳ではなく、更新しますか?という趣旨)

要するこの「各種お支払い」ページには「自動更新設定」されているドメインは出てきていない事になり、未設定のドメイン抽出になっているという事です。

domain-jidokoshin-2

hetemlでCronジョブMTのrun-periodic-tasks予約投稿などに

このブログはエックスサーバーを使っていてCronはちまたにある説明のように、
cd /home/なんてろ/かんてろ で普通にCron設定できる。

だがhetemlサーバーは、mt.shというファイルを一旦作って、そのファイルに
/home/なんてろ/かんてろ とCronを宛がうやり方だったのがわからなかったが解決。

ヘテムルはこのワンクッションがあるんだと、知りました。

後はヘテムルの説明通りに設定すれば、MTのrun-periodic-tasks設定が問題なくできます。最初はこのcd /home/…でやろうとしたが、cdの後のスペースからまた/home/が2回続けて保存されたりかなり苦戦しました。

ヘテムル Cron MobableType 設定方法
丁寧に解説されていたものの、このワンクッションが最初理解不能だった。

#!/bin/sh

cd /home/sites/heteml/users/h/o/g/あなた/web/mt/ ←mt設置ディレクトリ例
/usr/bin/perl ./tools/run-periodic-tasks

exit

このファイルをTeraPadとかメモ帳で書いてmt.sh名でファイル保存して、アスキーモードでアップロードして、パーミッション700にして、そのファイルに対するサイトパスをCronに設定すると完了です。これで予約投稿やCron系のMT活用ができます。

hetemlフォームメール簡単インストール機能追加

ロリポップで有名なpaperboy&co.のヘテムルに管理画面からフォームメールを簡単に設置できるようになる機能が追加されてます。

意外と品雑作業だったフォームメールを簡単なウィザード入力で設置できるようになったのはうれしい機能ですね。

独自SSL共用SSLで暗号化することも簡単にできます。(ヘテムルの独自SSLは18,000年額で導入できます。企業サイト何かは独自SSLにしたいところです)

マルチドメイン無制限、容量42.195GBと接続の感じも良好で気に入っているサーバーです。それと個人的にはSQLite(v2)が使えるのはかなり便利です。

他にもちょっとマイナーなSOY CMSなどCMSが簡単インストールできて面白みもあるヘテムルです。