blank.html が MovableTypeでダウンロードされる件

MovableTypeで時々.cgi系にアクセスするたびに blank.html がダウンロードされることがあるが、原因は.htaccessのPHP埋め込みにある。以前もあったことだが備忘録的に。

AddType application/x-httpd-php .html

当ブログが使っているサーバーのエックスサーバーで使われるPHP埋め込みですが、これが他のサーバーなどにも記述されてしまっているとblank.htmlのDLが起こることになります。この記述を取り除けば問題なくなります。

.htmlのPHP埋め込みはレンタルサーバーによって仕様が違うので、おおまかに把握しておくことが必要になります。またサーバー側の変更でもこのような自体になったりするので、レンタルサーバーからのお知らせメールには一度目を通す必要もある場合があります。

いやはや今となっては、パーソナルブランディング等の利用としてのブログは丸っきしWordPressといった風潮ですが、MovableTypeもまだまだ捨てたもんじゃありません。HTMLからの流れでCSSがいじれたりすれば、MTの方が利便性があることが多いのも確か。でも、個人でブログだけを無料ブログではなく独自ドメインでしっかりと持ちたいと思っている方には現状WordPressなんでしょうね。

レスポンシブデザインのWordPressテーマも出てきてますし、これからの流れでいくとWPtouchプラグインというよりはフレキシブルなテーマのワードプレスが好まれることになっていくことでしょう。

hetemlでCronジョブMTのrun-periodic-tasks予約投稿などに

このブログはエックスサーバーを使っていてCronはちまたにある説明のように、
cd /home/なんてろ/かんてろ で普通にCron設定できる。

だがhetemlサーバーは、mt.shというファイルを一旦作って、そのファイルに
/home/なんてろ/かんてろ とCronを宛がうやり方だったのがわからなかったが解決。

ヘテムルはこのワンクッションがあるんだと、知りました。

後はヘテムルの説明通りに設定すれば、MTのrun-periodic-tasks設定が問題なくできます。最初はこのcd /home/…でやろうとしたが、cdの後のスペースからまた/home/が2回続けて保存されたりかなり苦戦しました。

ヘテムル Cron MobableType 設定方法
丁寧に解説されていたものの、このワンクッションが最初理解不能だった。

#!/bin/sh

cd /home/sites/heteml/users/h/o/g/あなた/web/mt/ ←mt設置ディレクトリ例
/usr/bin/perl ./tools/run-periodic-tasks

exit

このファイルをTeraPadとかメモ帳で書いてmt.sh名でファイル保存して、アスキーモードでアップロードして、パーミッション700にして、そのファイルに対するサイトパスをCronに設定すると完了です。これで予約投稿やCron系のMT活用ができます。

MTでモブログMailPackとモブログくん両おすすめ有力候補を比較

MTでモブログを使うためにオススメ有力候補のMailPackとモブログくんを比較してみた。MailPackはプラグインで、モブログくんはWebサービスである。

MailPack モブログくん
iPhoneデカ画像 実際サイズ◎1600px 実際サイズ◎1600px
iPhone画像縦横 iPhone常に横縦撮り縦添付でも横 iPhone常に横縦撮り縦添付でも横
au携帯854px ◎854px ◎854px
au画像縦横 au常に縦横撮り横回転させても縦 au常に縦横撮り横回転させても縦
自動リサイズ 可能 不可能(別プラグイン対応)
アイテム追加 される(サムネイルも) される
外部からリンク ない(安心) モブログくんから被リンク
Cron 必要(Cron時間) 必要なし(リアルタイム)
公開日がダブる 秒%s 同一Cron時間にアーカイブマッピング注意 ほぼリアルタイム
送信元メアド ユーザーのメアドのみ 何でもOK
自動リサイズとかiPhoneか携帯ユーザーかで決める

MT5.1ダウンロード開始リリース出荷記念書籍も

MovableType5.1のダウンロードが開始されました。

何かと管理画面の使い勝手がよくなっていて、カテゴリの並べ替えや一覧データのソート並べ替えなど使い勝手がよくなってます。これから新規に構築する場合は5.1を使うメリットが随所に現れていると思います。

カスタムフィールドのタグが一覧時でも見えたり、テンプレートに使用されているモジュールが表示されたりと細かいユーザービリティのアップはかなり便利です。

中でもtrim_to モディファイアは、標準で対応してくれて文字数によるデザインの崩れも調整できるようになったのではと思います。結構使えますね。

2011年5月25日(水)〜6月24日(金)にMTを申込むと出荷記念書籍「Movable Type 5.1 プロの現場の仕事術」が貰えるキャンペーンを実施しています。

MT5テーマは良い機能だがあっさり全体チェンジ

MT5の特徴はWordPressに踏襲のテーマ機能。

だが、MTをごちゃごちゃいじった後でテーマの【適用】をワンクリックするだけで、
あっさりと全てに於いて入れ替わってしまう。当然だが。

テンプレートだけでなく、カテゴリーやカスタムフィールドまで、
テーマに含まれているのはいいことだが、カスタム後に誤って【適用】をしてしまうと大変。

  1. カテゴリーはテーマのものがプラスで追加された。
  2. カスタムフィールドはテーマに含まれているハズだが、追加はされなかった。
  3. テンプレートはもちろんテーマ通りに。

ユーザー権限で投稿者にテーマのページすら表示されないように、
しっかりとロールの権限を割り振っておくべきだと思った。
【適用】クリック後に、よろしいですかの確認が欲しかった…。

逆に、

  1. カテゴリー追加してたモノは運良く残った
  2. カスタムフィールドは運良く残った

ということですね。