Wi2 300(Wi2premium)実測度と公衆無線LANのWi-Fiサービス加入理由

Wi2 300という月額380円で使える公衆無線LANのWi-Fiサービスに申し込んでみた。よく見かけることもあると思いますが、Wi2premiumという表示でWirelessの感知で表示されることが有ると思います。自宅では入りませんでしたが、カフェとか外出先のほとんどのところで出てくることがあります。

ノートパソコンやデバイスではこのように、Wi2premiumと表示されて出てきます。

Wi2 300(Wi2Premium)の実測度で、外出先なら十分です。
下り5.2Mbps
上り2.6Mbps

このサービスのいいところは先ず安いということと、何かの際には便利であるということです。EMOBILEのGL01Pを友人に貸していて、そのためにデザリング環境がなくなってしまったので、申し込んでみました。有事の場合というほど緊急なのではないのですが、あればあったで便利かなと思った理由は、ワイヤレスゲートというそれも月額数百円のサービスなのですが、何と言っても繋がらないし設定がいまいちIDとかが不明瞭で不満な時があったこと。ワイヤレスゲートの代わりではないですが、ワイヤレスゲートを解約してならまぁ1つぐらい公衆無線LANサービスに加入していてもいいかと思ったからでもあります。

ただ、そろそろiPhon5予約しようと思っているので、auのテザリングとダブルなぁ、EMOBILEの2年契約まだまだあるなぁ何て思っている次第です。取り敢えずワイヤレスゲートは解約しておこうと思います。

WordPress投稿にテキストとしてペースト Ctrl+Shift+v Evernoteも

結論としては、Ctrl+Shift+v で、テキスト情報だけを
WordPress投稿にペーストできるということ。

Macでは、コマンド+シフト+オプション+v

ウェブの文字をコピーして、WordPressにペーストすると何かスタイルまで
ペーストされてしまって、HTMLに切り替えるか、メモ帳などのテキストエディタに
一度ペーストしてから、テキスト情報としてコピーし直してペーストする
何てことを今までやっていたが、Ctrl+Shift+vでノーマルテキストとして
WordPressの記事投稿にペーストできて驚いたので投稿。

Evernoteをよく使うのだが、ここでは編集メニューにテキストとしてペーストという
Ctrl+Shift+vが用意されていて、便利だなと思っていてWordPressでも
やってみたら何と同じようにテキストだけペーストできちゃった!!

WordPressは説明書やアプリのようにメニューみたいなものがないから、
秘めたる小技に気付きにくい。もう標準でCtrl+Shift+vはいろんなリッチテキスト形式
を扱うところではできるのでは思いました。

Shift+Enterで一行改行<br />もWordPressではできるし、
これでリッチテキストフィールドも扱いやすいものと感じるようになったなぁ〜と。

WordPress自動変換の全角ダブルクオートを半角表示にしてコピーを正しく

WordPressで投稿内容は、半角のダブルクオート(“)なのに
投稿を表示すると、全角のダブルクオート(”)に変換されて表示されるのがデフォルト。

これを解消するには次のファイル内部を変える
インストールフォルダ/wp-includes/formatting.php
(WordPress3.0.4では82行目)

$curl = preg_replace($dynamic_characters, $dynamic_replacements, $curl);

頭にスラッシュを2つ付けて、//1行のPHPコメントアウト

//$curl = preg_replace($dynamic_characters, $dynamic_replacements, $curl);

変更を保存してアップロード。バージョンをアップしている場合がほとんど
だと思いますので、一端 /wp-includes/formatting.php をダウンロードしてからが良い。

これで、コードなどで半角ダブルクオートを書いても自動で全角に変換されて
表示されるということはなくなり、コピペでそのままコードをコピーして
使うことができるようになりますね。

参考コードをコピペして試してみたんだけど、どうにもおかしい…
という場合は、(“)ダブルクオートが全角になっている可能性がWordPressサイトはあります。

ちなみに、シングルクオート(‘)はデフォルトでも半角のまま表示されてます。

Dreamweaver CS5でWordPressテーマ編集

長らく、MTからなかなかWordPressにとっつけない理由として、DreamweaverでデザインCSSの編集がやりずらい、というより結構無理という問題があった。

ローカル環境で、Macで主にやるのでMAMPなんかでローカルMySQLを動かしておけば、DW CS5上でそのままCSSをカスタマイズできると最新のWEB Designingに書いてあった。これができるとかなりHTMLライクで編集できるのではないかと思う。ライブビューも何だかCS4は見るだけなので困ってたがやっとWordPressでまともサイトが作れることになりそう。

新しい関連ファイルビュー機能は、ローカルでそれらのリンク間をローカル環境でたどれるという動的サポートのようで、ここまでくると通常WEB閲覧をしながら直したいところだけサクッと編集みたいな直感に近づいていくのかもしれない。ん〜速くいじってみたい、5月まで待てない。

DW CS4は、DW8がmacromediaをAdobe買収して、ただバージョンアップというより名前が変わっただけであったが、DW CS5はしっかりとしたバージョンアップになっているようだ。

Dreamweaver CS5

http://www.adobe.com/jp/products/dreamweaver/

WordCamp (ワードキャンプ) 横浜で開催

WordPressのワークショップというか、カンファレンスみたいな、パネルディスカッション的なイベント、WordCamp (ワードキャンプ)というのがあるんですね。

2010年2月27日(土)に福岡であったようで、プログラムには興味をそそる内容がずらっと並んでいました。このようなワードキャンプが今度横浜で開催されるということで、まだ詳細は掲載されてませんが、WordPressユーザーは要チェックなイベントになること間違いなしですね。

まさに、オープンソースというかソフトとかって使われないとホント意味ないから、フィードバックに答えたり、提案したりと最先端を行くには、こういったことなんだなぁと改めて思います。

MTと違って結局まだ、かなりデフォルト的な使い方しかできてないので、スキルと視野のアップのためにもWordCampに参加して、WordPressのポテンシャルの高さを感じられたらと。

WordCamp Japan
http://japan.wordcamp.org/

WordCamp Yokohama 2010 概要

  • 日時:2010年5月29日(土)10:00〜17:30(予定)
  • 場所:東京都市大学横浜キャンパス(横浜市都筑区牛久保西3-3-1)
  • 入場料:1,000円(予定)
  • 主催:WordCamp Yokohama 実行委員会
  • 共催:東京都市大学 環境情報学部 ソーシャルメディア・プロジェクト(旧、現代GPプロジェクト)