SSL化した後のサーチコンソール、旧内部リンクが…

httpからhttpsに当サイトをSSL化したらサーチコンソールに何か起こるのかなと見ていました。

そしたら気なる点が、3点。

  1. サーチコンソールのホーム他がhttps
  2. httpへの被リンクはそのまま表示されている
  3. 旧httpの自ドメインからの内部リンクが被リンク表示に出てる

サーチコンソールのホーム他がhttps

ログインした後のホームに出ているURLがしっかりとhttpではなく、httpsになってくれています。なんかしっかり認識さているようで安心しました。特にサーチコンソールに何かhttps的な設定は一切していません。

サーチコンソール

他のところもhttpsになってくれています。

最も多くリンクされているコンテンツ

httpへの被リンクはそのまま表示されている

せっかくの外部からのリンク。

通常の外部サイトからの被リンクは、httpsに変更した後もhttpの時の被リンクが同じように反映というか表示されているようです。過去のが残っているだけ、ということではありますが。

httpsは全くの別物って扱いにはなっていない感じ。

旧httpの自ドメインからの内部リンクが被リンク表示に出てる

リンク数の最も多いリンク元

これは笑えるというか、改善して欲しいところでもありますが、自サイトの古いURLであるhttpからのリンクが被リンクとして混ざってしまっています。外部リンクとごちゃ混ぜなので、ちょっといただけない状況かと思います。

検索トラフィック>サイトへのリンク

にある「最新のリンクをダウンロードする」というボタンからダウンロードできるCSVは日付がついています。すごい古い日付の内部リンクが出現してます。「その他のサンプル リンクをダウンロードする」にも、ぎっしり自サイトのURLが。

時間が経てばどんどん整理されるのかな?とは思いますけど。

普通のhttpだけの運用の場合は、「サイトへのリンク」では外部のみで、自ドメインが出て来ることはありませんから。

サブドメインでも独自SSL無料!エックスサーバーの設定

当サイトをSSL化にしました。エックスサーバーでは無料で全ドメイン何個でも無期限でSSL(https)にできます。

今回はサブドメインの独自SSLもイケますよってお話です。

え、サブドメインもできるの?→できました。

当ドメインは、matometa.netです。サブドメインでwordpress.を使ってます。wordpress.matometa.netになります。

設定方法

サーバーパネル>SSL設定>独自SSL追加の設定

エックスサーバー独自SSLサブドメイン

ここで、既に使っているサブドメインも出てくるのでそれを設定するだけです。サーバーパネル上ではこれだけで数時間後にはSSLでアクセスできるようになります。

.htaccessの設定

今までhttpだったアクセスをhttpsに、301リダイレクトする方法です。httpでもhttpsでも両方でアクセスできるのをSSL側に統一します。サブドメイントップフォルダの.htaccessに下記を記述するだけで全てのURLがリダイレクトしてくれます。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

トップレベルドメインの.htaccess

トップレベルドメイン(matometa.net)にある.htaccessも変更します。エックスサーバーはトップレベルドメイン内にディレクトリでサブドメインを付与するので、matometa.net/wordpress/でもアクセスできてしまいます。それをサブドメイン側だけに飛ぶようにするリダイレクトも入っているので、それをhttpからhttpsに変更しておきます。

Redirect 301 /wordpress https://wordpress.matometa.net

WordPress内の変更

WordPress>設定>一般

WordPress設定の一般

WordPressアドレス(URL)、サイトアドレス(URL)をhttpsに変更します。

httpからhttpsにリダイレクトしてくれるので忘れがちですが一般設定もしっかり変更します。/feedなどシステム的なURLもSSLになります。以後の内部リンクや画像がhttpsになってくれます。

内部リンク・画像を相対パスに

一般設定を変更しただけでは記事内のhttpがhttpsに自動的に変わることはありません。使うブラウザによってhttpsのサイトにhttpがあると「!」がアドレスバーに出ますし変更必須です。

MySQLをダウンロードしてエディタで開いて、相対パスに一気に置換して、MySQLを戻しました。強引なやり方なのでもっといい方法があるかも知れません。相対パスであれば、httpに、もし戻したとしても再度変更する必要はありません。

まとめ

独自ドメインだけではなく、サブドメインも無料でSSL設定できてしまうエックスサーバーってすごいな、お得だなって思います。

エックスサーバーを1つもレンタルしていないのであれば、間違いなくエックスサーバーは契約しておくべきですね。また、エックスサーバー使ってるけど独自SSL無料なんて他にないからメインサーバーにしよう!と思った方は、もう一つX10プランを増やすのもありですね。

ドメイン削除ができない、さくらレンタルサーバーの原因判明

さくら共用レンタルサーバーのドメイン設定で、なぜか削除ボタンがグレーアウトして押せない状態でした。複数さくらレンタルしていて他はしっかり押せるようになっている、おかしい。

さくらレンタルサーバードメイン設定

原因不明だったのでメールで問い合わせみました。

Webアプリケーションファイアウォールを有効にしているドメインは、削除していただけません。

お手数ではございますが、オフにしてから削除してくださいますよう、お願いいたします。

▼ Webアプリケーションファイアウォール(WAF)の設定
https://help.sakura.ad.jp/app/answers/detail/a_id/2265

ということで、

全く聞いたこと無いWAF。Webアプリケーションファイアウォールが、なぜか全て有効になっていて削除ができない状態でした。1つ1つ無効にすることで元の状況に戻りました。

Webアプリケーションファイアウォール

こちらとしてはWAFを利用するに設定をした覚えがない。そもそも、どんな機能なのかも知らない。

何かの拍子にやってしまったのか、勝手になったのか…、1つ1つ変更ボタンを押していく作業になり、かつ反応もめちゃくちゃ遅いので、こんな面倒なことをしかも全部やったとは考えにくい。何か一括で変更するような設定をしてしまったのかなと。

何はともあれ普通になってよかったです。

もし同じようにドメイン削除ができないと思っている方はチェックしてみてください。

ストックフォト写真素材サイト画像検索精度が高いFotolia

fotoliaフォトリア

写真素材サイトの選び方で悩んでしまうことは多いと思います。ストックフォトサービスでやはり気にしたいところが画像の検索機能です。いくらいい写真がたくさん販売されていても、今のニーズからいってディレクトリから関連写真を選び出すことは相当困難です。なので、サーチが必要になってきます。しかし、このサーチがうまく機能している素材サイトが非常に少ないのが現状です。

しかし、Fotolia(フォトリア)は非常に写真検索が機能している好例かと思います。ストックフォトの会社さんも相当この検索技術は苦労していると見受けられます。ちょっと昔のところだと検索しても目ぼしい写真は販売されているのに検索結果がどうしようもなくマッチしないのです。この画像と検索の意図マッチは文字情報が定義しにくい画像特有の問題でもあります。そこを何とか調整しているのがFotoliaであると言えます。

価格が安い

Fotoliaは価格がかなり安い最低価格レベルの写真素材サイトです。SサイズやMサイズでWEBの場合十分だったりする時がありますが、3クレジットや6クレジットで購入できます。1クレジットあたり150円前後なので、Sサイズなら450円で購入できます。現状26クレジットから単発購入でき4,625円からとなっています。

コースは2つ用意されている

前述のようにクレジット数で決済する方法もありますが、定期購入もあります。定期購入は毎月Lサイズ以上5点、Mサイズ以下10点というサービスです。頻繁にストック写真を購入するデザイン会社などは定期購入が断然お得でダウンロード数は毎月使わない分は保留されるのが嬉しい機能で期限が過ぎてもロスがありません。

単発クレジット購入(XSサイズ1枚150円程度)

定期購入(月3,000円〜)

どちらを選んでも日本では最高峰のストックフォトサービスのFotoliaであれば失敗はないと考えられます。また、動画やベクター素材も充実してきていてこれからも進化していくと思います。

作るを再考、テレパシー時代になっても必要な【行為】の価値

作るという行為。これをもう一度考える時期が来ているのではないかと思います。イノベーションやベル・カーブと呼ばれるプロダクトライフサイクルは存在します。プロデュースや時期や市場動向や売れ行きなど様々な要因があります。

しかし、作るという行為を欠くことはできません。当然、予算を管理することや会社として社会との関わりの中で経済は成り立ちます。でもどこまでも株価のように期待値やデリバティブのような虚構情報が全てを支配する時代になってもそれではあまりにも寂しいのでマトリックスのような世界になっても作る事がすべて情報化されて、モノではなくコトになってもどちらにしても作るという行為だけは残ります。

要するに何かしらを「作る」ために行為が存在して、それを指揮する経営者がいて、管理する管理職の人間がいます。そして実際に作る人がいます。その経営者と管理職が何人集まっても作る行為は乏しいのです。いくら効率的に資金と直結するようにマネタイズできたとしても、本当のところは資本主義の枠組に収まっているだけの話です。まさにアートなどはこの枠を超えることを目的として体よく資本主義に還元させることにあります。しかしここに本当の価値の閾値があります。

本来は作る行為そのものが楽しいです。幸せに行動するから幸せなのです。しているから楽しい幸せという行為が一番最強なのです。要するに共存の世界に生きています。将来的にはテレパシーが通信できるようになりますが、まだまだ物理化された情報が必要です。共存の接点は作る行為でしか生み出せません。念じただけで共有できるようにはなっていませんね。今後はそうなっていきますが、やはりその時代にも作るレベルの念力が上手なものに惹かれるのが人間です。作るこれを軽視してはいけません。そして自分を信じる事でしかその共有接点はつくれません。

作る事に空虚感を覚えたらこのエントリーをもう一度読んでみてください。

失望感に苛まされるのは資本主義の枠組みの中だけであることに気付きます。

その価値に最終的には資本主義でも勝てない【行為】の価値、閾値があるのです。