SSL化した後のサーチコンソール、旧内部リンクが…

httpからhttpsに当サイトをSSL化したらサーチコンソールに何か起こるのかなと見ていました。

そしたら気なる点が、3点。

  1. サーチコンソールのホーム他がhttps
  2. httpへの被リンクはそのまま表示されている
  3. 旧httpの自ドメインからの内部リンクが被リンク表示に出てる

サーチコンソールのホーム他がhttps

ログインした後のホームに出ているURLがしっかりとhttpではなく、httpsになってくれています。なんかしっかり認識さているようで安心しました。特にサーチコンソールに何かhttps的な設定は一切していません。

サーチコンソール

他のところもhttpsになってくれています。

最も多くリンクされているコンテンツ

httpへの被リンクはそのまま表示されている

せっかくの外部からのリンク。

通常の外部サイトからの被リンクは、httpsに変更した後もhttpの時の被リンクが同じように反映というか表示されているようです。過去のが残っているだけ、ということではありますが。

httpsは全くの別物って扱いにはなっていない感じ。

旧httpの自ドメインからの内部リンクが被リンク表示に出てる

リンク数の最も多いリンク元

これは笑えるというか、改善して欲しいところでもありますが、自サイトの古いURLであるhttpからのリンクが被リンクとして混ざってしまっています。外部リンクとごちゃ混ぜなので、ちょっといただけない状況かと思います。

検索トラフィック>サイトへのリンク

にある「最新のリンクをダウンロードする」というボタンからダウンロードできるCSVは日付がついています。すごい古い日付の内部リンクが出現してます。「その他のサンプル リンクをダウンロードする」にも、ぎっしり自サイトのURLが。

時間が経てばどんどん整理されるのかな?とは思いますけど。

普通のhttpだけの運用の場合は、「サイトへのリンク」では外部のみで、自ドメインが出て来ることはありませんから。

ストックフォト写真素材サイト画像検索精度が高いFotolia

fotoliaフォトリア

写真素材サイトの選び方で悩んでしまうことは多いと思います。ストックフォトサービスでやはり気にしたいところが画像の検索機能です。いくらいい写真がたくさん販売されていても、今のニーズからいってディレクトリから関連写真を選び出すことは相当困難です。なので、サーチが必要になってきます。しかし、このサーチがうまく機能している素材サイトが非常に少ないのが現状です。

しかし、Fotolia(フォトリア)は非常に写真検索が機能している好例かと思います。ストックフォトの会社さんも相当この検索技術は苦労していると見受けられます。ちょっと昔のところだと検索しても目ぼしい写真は販売されているのに検索結果がどうしようもなくマッチしないのです。この画像と検索の意図マッチは文字情報が定義しにくい画像特有の問題でもあります。そこを何とか調整しているのがFotoliaであると言えます。

価格が安い

Fotoliaは価格がかなり安い最低価格レベルの写真素材サイトです。SサイズやMサイズでWEBの場合十分だったりする時がありますが、3クレジットや6クレジットで購入できます。1クレジットあたり150円前後なので、Sサイズなら450円で購入できます。現状26クレジットから単発購入でき4,625円からとなっています。

コースは2つ用意されている

前述のようにクレジット数で決済する方法もありますが、定期購入もあります。定期購入は毎月Lサイズ以上5点、Mサイズ以下10点というサービスです。頻繁にストック写真を購入するデザイン会社などは定期購入が断然お得でダウンロード数は毎月使わない分は保留されるのが嬉しい機能で期限が過ぎてもロスがありません。

単発クレジット購入(XSサイズ1枚150円程度)

定期購入(月3,000円〜)

どちらを選んでも日本では最高峰のストックフォトサービスのFotoliaであれば失敗はないと考えられます。また、動画やベクター素材も充実してきていてこれからも進化していくと思います。

作るを再考、テレパシー時代になっても必要な【行為】の価値

作るという行為。これをもう一度考える時期が来ているのではないかと思います。イノベーションやベル・カーブと呼ばれるプロダクトライフサイクルは存在します。プロデュースや時期や市場動向や売れ行きなど様々な要因があります。

しかし、作るという行為を欠くことはできません。当然、予算を管理することや会社として社会との関わりの中で経済は成り立ちます。でもどこまでも株価のように期待値やデリバティブのような虚構情報が全てを支配する時代になってもそれではあまりにも寂しいのでマトリックスのような世界になっても作る事がすべて情報化されて、モノではなくコトになってもどちらにしても作るという行為だけは残ります。

要するに何かしらを「作る」ために行為が存在して、それを指揮する経営者がいて、管理する管理職の人間がいます。そして実際に作る人がいます。その経営者と管理職が何人集まっても作る行為は乏しいのです。いくら効率的に資金と直結するようにマネタイズできたとしても、本当のところは資本主義の枠組に収まっているだけの話です。まさにアートなどはこの枠を超えることを目的として体よく資本主義に還元させることにあります。しかしここに本当の価値の閾値があります。

本来は作る行為そのものが楽しいです。幸せに行動するから幸せなのです。しているから楽しい幸せという行為が一番最強なのです。要するに共存の世界に生きています。将来的にはテレパシーが通信できるようになりますが、まだまだ物理化された情報が必要です。共存の接点は作る行為でしか生み出せません。念じただけで共有できるようにはなっていませんね。今後はそうなっていきますが、やはりその時代にも作るレベルの念力が上手なものに惹かれるのが人間です。作るこれを軽視してはいけません。そして自分を信じる事でしかその共有接点はつくれません。

作る事に空虚感を覚えたらこのエントリーをもう一度読んでみてください。

失望感に苛まされるのは資本主義の枠組みの中だけであることに気付きます。

その価値に最終的には資本主義でも勝てない【行為】の価値、閾値があるのです。

YouTubeで15分を超える映像のアップロードはアカウント承認必要になった

YouTubeでは最近ラジオなど2時間モノがアップロードされているのを見ると思います。かつて昔は15分までが限度でしたが、容量や尺の長さは段々と拡張されている。

昔の名残として、15分以上の動画をアップロードするにはアカウントの乱用を防ぐためか、スマホや携帯などによる電話番号の承認がGoogleアカウントで必要です。ショートメールに送られてくるコードを入力することで、承認され15分以上の動画もアップ可能になります。

このページにも解説はされていますが、15分を超えかつアカウント認証していない場合はそのようなウィザード案内が出ます。せっかく時間を掛けてアップしてももう一度やり直しになります。認証後は問題なくアップできます。

なお、このYouTubeアカウント承認は電話番号か音声通話でしか今のところできないようです。

以下、スクリーンショットです。

youtube-aut01

youtube-aut02

youtube-aut03

Yahoo!ボックス 50GBオンラインストレージがプレミア会員なら無料

Yahoo!から新たなサービスが登場してた。
ドロップボックスならぬ、Yahoo!ボックスです。
ヤフオクなど利用しているプレミアム会員なら50GBまで無料。

これはなかなか使えそうだと思いました。Amazonのオンラインストレージを使うのもちょっと高い気もするし、かと言ってドロップボックスは無料は容量が少なすぎて使えない。50GBあれば、急用や何かの時に役立ちますね、Yahoo!サービスの中でも多用しそうな雰囲気です。もちろん計画立てたデータは、レンタルサーバーに保存してプチクラウド化してるから、ドロップボックスのようなポジションはこれで充分。

Evernoteでは、ちょっと重すぎるデータであるとか急に動画を送らなければならない何て時に威力を発揮しそうです。ストレージ用サーバーでも借りておいた方がいいのかなと思っていたところになかなか50GBと丁度いい容量まで無料で使えるとあって助かりそうです。

ヤフオクに使うプレミアム会員なので、無料で50GBまで使えます。

 

本当に50GB使えるのかとログインしてみると、こんな感じのインターフェイスなってました。右上がちゃんと50GBプランになってる。

Yahoo!らしいすごくわかりやすいアイコン付きの感じで共感がもてました。
これなら使える、外で自分以外のPCやMacを使った時に特に成果が問われそうです。

メール大体超上限50MBくらい?マナー的に、Evernoteで動画の同期はしたくない、外出先でFTPも外付けHDも無い!何て状況で思わず使うことでしょう。