Opera miniスマートフォンでのPCサイト拡大表示機能

Opera mini

Android携帯では標準のブラウザを使うのが普通ですが、Opera miniも遜色なく使えるブラウザです。何が驚いたかと言えば、PCサイトの混み合っているリンク部分をタップしたところ該当リンク先に飛ぶのではなく、拡大表示されたのです。

Opera mini

2つ以上のリンクをクリックすると表示が狭かったんだろうなってことで、その領域を拡大してくれる。拡大された表示から的確なリンクをタップできる。これだとホントPCサイトも難なくスマホで閲覧できる環境となります。ガラケーからの携帯サイトの名残もあるのでスマホサイトが必要な感じにはなっていますが、そのサイト規模やジャンルによってはiPhoneやAndroidでも通常のPCサイトを見せ、スマートフォンからのアクセスにも配慮するviewpointやアドレスバーの隠しなどその程度でもOpera miniであれば十分と感じました。

AppleはiPhoneを作っておいてiPhoneサイトを別途用意しない姿勢を貫いていますが、だんだんその考えもブラウザの進化と共に顕在化していきている気がします。スマホサイトだとやはり情報は削ぎ落とされるし、いつものPCレイアウトであればどこにメニューがあってどこから見ていく、ログインしていく、お気に入りのコーナー等も一元化されてユーザーにとっては利便性がPCサイトであることで逆に向上することもあるのではと考えるようにもなってきました。

PCサイトとスマートフォン表示で切り替えるjavascriptやPHPが用意されているサイトは多いですが、ユーザーによってはすぐにPCサイト表示にして閲覧するエンドユーザーも多く、一番のネックは「スマホサイトだと情報が少ないという理由」が多いようです。確かにOpera miniのようなユーザービリティがあれば、情報が多いページを見たいですし、Xi、WiMAX、ウルトラWi-Fiなど各キャリアの高速通信も日に日に増しているのでページ容量を軽量化を優先するよりもPCサイトの情報量と整理が求められるのかもと考えるようになってきた。

近い将来、AndroidブラウザもiPhoneのSafariもこのOpera miniのような二重クリックによる拡大表示は標準機能としてブラウザに搭載されそうだ。