Safari6表示フォントを明朝体→ゴシック体・サンセリフ体に

Safariゴシック体

Safari6にアップデートしたら、ウェブサイトのフォントが明朝体で表示されるサイトがあって気持ち悪い!と思っている方へ。

Safari6から環境設定にフォント選択が今のところどうやら見当たらないので、環境設定の詳細 にあるスタイルシートを選択する必要があります。

Safari > 環境設定 > 詳細
Safariゴシック体

gothic.css ←このファイルをダウンロード

スタイルシート:未選択 から その他…でダウンロードしたgothic.cssを適用してください。

そうすると、 明朝体で表示されていたサイトもゴシック体になります。
しかし、意図的に明朝体に指定してあるサイトは明朝体のままです。

(補足)
このCSSファイルは、HTML内をこれらのゴシック体で表示をしてください。という記述がしてあり、先頭の”ヒラギノ角ゴ Pro W3″から順次Mac内にそのフォントがあればそれが適用されます。

以前のSafari5にはあったフォントの【表示】項目
ヒラギノフォント