Safariやアプリ再起動時に新規ウィンドウだけ表示し復元させない方法 MacOS10.7 Lion

MacOSX 10.7 Lion不具合ではないけど、直したい復元のところ。

Safariを起動すると前回見ていた複数のウィンドウやタブ、
見ていたページが復元されるのが、デフォルトの設定になっています。

Safariだけの問題じゃなくて、Macアプリケーション全ての問題のようで、
Safariの環境設定から修正するのではなく、OSのシステム環境設定から行う。

  1. システム環境設定
  2. 一般を選択
  3. アプリケーションを終了して再度開くときにウィンドウを復元 ←外す
  4. ↑ここのチャックを外すと復元されない

こうすることで、Safariの起動時にホームページやTop Sitesだけなり
過去を復元して起動することなく、新規のページだけ開いて起動します。

PDFをプレビューアプリで開く時なども、以前見ていた書類まで、
一気に複数開いて復元されるので、操作的にはアプリケーション終了後の
起動は新規とか開いたファイルだけが表示される方が作業し易いかと。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。